NEWS


会員ログイン

会員の方はこちらから

マイページにログイン

新規会員登録はこちら

新規会員ご登録

法人・プロユース会員ご登録

新規会員ご登録

キーワード検索
定期配送便

カテゴリーで探す

おすすめ

カタログ無料請求

カレンダー

2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

TOP > 紅茶研究家 磯淵 猛のTea Room ミルクと紅茶のお話 Vol.05

ダミー

イギリス人と牛乳

 ヨーロッパでは中世の頃から羊や山羊、牛からミルクを取っていましたが、16世紀に入ると、乳牛を主体にした 搾乳が行われ、1日2回、ミルクメイドと呼ばれる牛係の女性によって、一滴残らず搾り取られていました。このミルクはバターやチーズに加工され、保存食として利用されたのです。

 庶民の間で牛乳が飲まれるようになるのは18世紀に入ってからで、今度はミルクレディーと呼ばれるミルク売りの女性が現れます。ミルクレディーは搾りたての新鮮な牛乳を缶に入れて天秤棒で担ぎ、早朝売り歩きました。この習慣がやがてミルクマンになります。

 牛乳は新鮮でなくては飲めなかったので、最も新鮮さを売るために牛を連れ歩き、その場で搾って売ることもありました。ロンドンのセントジェームスパークでは、日曜日に牛を連れてきて、搾りたての牛乳を売るのが呼びものでした。

 やがて牛乳はココアやコーヒーに使われ、紅茶にも入れられるようになります。使い慣れた物だからこそ生まれたミルクと紅茶の出会いでした。

(2010年6月〜9月 タカナシ低温殺菌牛乳 側面広告掲載)

ページトップへ