NEWS


会員ログイン

会員の方はこちらから

マイページにログイン

新規会員登録はこちら

新規会員ご登録

法人・プロユース会員ご登録

新規会員ご登録

キーワード検索
定期配送便

カテゴリーで探す

おすすめ

カタログ無料請求

カレンダー

2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

TOP > 紅茶研究家 磯淵 猛のTea Room ミルクと紅茶の雑学 Vol.3




ミャンマーのミルクティー

 ミルクティーを飲む国として意外に知られていないのがミャンマーです。中国とインドに挟まれているような、南北に細長い形をした国です。北部には茶の産地があって、緑茶と紅茶を作っています。緑茶は雲南省から伝わってきた文化で、日常的にいつでも飲みます。紅茶は19世紀の中ごろイギリスに統治された影響でミルク入りの紅茶が残ったものです。


 そのミルクティーに使う紅茶が独特です。紅茶は酸化発酵させた後、低い温度でゆっくり乾燥させるのですが、ミャンマーでは、熱した鉄板の上で焦がしながら乾燥させます。麦茶を混ぜたような香ばしくほろ苦い味です。


 グラスにコンデンスミルクをたっぷり入れ、上からこの黒っぽい焙じた紅茶をゆっくり注ぐと、下が白、上部はこげ茶色の二層になります。それをスプーンでとろとろと混ぜてすするのです。甘い、クリーミー、濃厚、口直しに緑茶を一口飲んで、またすするのです。ミルクティーと言わず、ラペイエと呼びます。


(2013年9月〜12月 タカナシ低温殺菌牛乳 側面広告掲載)

ページトップへ